海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

香港 現地レポート

2019年香港両替情報

2018/11/07

こんにちは、マイバス香港です。本日はマイバスの両替情報をお知らせします。

香港の通貨について

通貨単位は香港ドル(HKD)とセント(¢)で、1HKDが100¢です。
 香港ドルの種類は、紙幣が10HKD、20HKD、50HKD、100HKD、500HKD、1000HKDの6種類、硬貨(コイン)が10¢、20¢、50¢、1HKD、2HKD、5HKD、10HKDの7種類もあります。香港には紙幣を発行する銀行が3つ――香港上海銀行(香港上海滙豐銀行HSBC)、スタンダード・チャータード銀行(渣打銀行、Standard Chartered Bank)、中国銀行(中国銀行香港分行、Bank of China)――あり、それぞれが異なるデザインの紙幣を発行していますが、きちんと使えますので安心してください。10HKDもコインと紙幣両方あります。それぞれの紙幣は種類はデザインは異なってもカラーは一緒です。例えば100ドル札はピンク、500ドル札は黄色です。



香港での両替がおすすめです

日本円から香港ドルへの両替ですが、日本は香港ドルの流通量が少ないためレートが良くありません。両替は香港についてから日本円を香港ドルに換えるのがおすすめです。

空港の銀行や両替所は街中よりレートが悪いので、最低限の現金を香港ドルに交換し、あとは街中の両替所で換えましょう。街中にはたくさんの両替所があり、レートは店によって様々なので、よく比較して店を決めてくださいね。お店のスタッフは、中心地の両替所のスタッフは英語を話しますが、時よりローカルの両替所スタッフは英語を話さないスタッフもいますので、比較的大き目で中心部の両替所のほうが安心かもしれません。

香港人は親日家が多く日本への旅行のために、よく香港から両替をしていきます。そのため比較的両替所スタッフも香港ドル→日本円の両替に慣れていますのでご安心くださいね。



関連商品
関連記事