海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

FAQ香港マイバスデスクはこちら

香港 現地レポート

新!冬の香港 魅惑の土鍋ご飯♪

2018/12/07

さて、12月に入り香港もちょっぴり肌寒くなり、半袖は厳しくなってきました。日本に比べれば全然暖かいのですが、日によっては薄手のコートが必要です。そんな気候でも、香港人にとっては「もうすぐ冬だ!」ということで、冬に大人気の土鍋ご飯を今日は紹介したいと思います。

土鍋ご飯の有名店「興記煲仔飯」

油麻地駅のC出口を出て、徒歩3分ほどでしょうか。「興記煲仔飯」で土鍋ご飯が食べられます♪
こちらは1年中土鍋ご飯が食べられるのですが、香港の夏はとても暑いので、気分的に土鍋ご飯は喉を通らない。。というのが一般的。
寒くなるにつれて、大変な賑わいを見せます。このお店だけで何店舗も近くにあり、別のキッチン(台所)で作って各店舗の各テーブルに届けられる仕組みです。お店の人に声をかけると、すばやく案内されますが基本的に混んでいますので長居はしにくい状況です。
また、驚いたことに一部日本語メニューが!!全部ではないですが、日本人の私達にとってはとてもうれしいですね。







まずはお勧めの前菜を!

今日は生粋の香港人お勧めの土鍋ご飯以外のメニューも注文してみました。
皆が大好き、牡蠣と卵のフライや、青野菜炒め、イカの揚げ物、などどれも日本人の口にも合う香港スタイルの料理達!
特にこの牡蠣と卵のフライは独特で、小さな牡蠣が沢山入っている小麦粉ベースのかき揚げのようなものです。
しっかりと牡蠣の味が染み込み、これを好きな香港人はとても多いです。







待ちに待った土鍋ご飯!

そして土鍋ご飯がやってきました!今日は大人4人で3つの土鍋ご飯をオーダー。かなり十分にお腹いっぱいの量です。
まずは、届いたら香港土鍋ご飯用のお醤油を一周たらし、ふたを閉めて少々待ちます。(これでおこげが更においしくなるとのこと)
そして、ほっくりと混ぜ合わせたら完成です。
今日はひき肉と卵の土鍋ご飯、タコ鶏肉の土鍋ご飯、そして香港ソーセージの土鍋ご飯です!
どれもホクホクで、土鍋によって染み渡っている味が全然違う~!というのが感想です。

最近はガイドブックにも多数を登場している土鍋ご飯。是非一度お試しください。






関連商品
関連記事