海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

香港 現地レポート

香港スタイル麺!香港を代表するヌードル?!

2019/01/13

日本人も麺好きな人が多いですが、香港人でもヌードルは大人気。勿論日本のうどんやラーメンなども香港にはあるのですが、せっかくなので香港人が好んで食べる米麺をご紹介します。

米線(マイシン)とは?

ガイドブックでも最近たまに取り上げられるようになった米線(マイシン)は、お米で作られているライスヌードルです。かといってビーフンのように細くなく、太さがあり、あっさりとしたちゅるんとしたのど越しが特徴です。その麺に対してスープや具をいろいろと変えられるのが、香港によくあるスタイルです。ベースはあっさりとした薄い塩味のやさしいスープですが、そこに麻辣(マーラー)を加えて四川風の辛いスープにしたり、酸辣(スーラー)してすっぱ辛いスープにしたりとアレンジできます。具もお店によりけりですが、ニラ、モヤシ、などの野菜や、フィッシュボール(魚のすり身)やミートボール、きくらげなどのトッピング(追加代金要)で可能です。そして、大体のお店が香港スタイルの合席となります。





こちらがオーダーしたヌードルです。

一番左はミートボール、フィッシュボール湯葉包みをトッピングした米線のベーシックスープ。
真ん中は、ニラ、フィッシュボール、きくらげをトッピングした米線の麻辣スープ。
一番右はキャベツの酢付け、フィッシュボールトッピングした米線の麻辣スープ。です。








別注文でピータンも!

別注文でピータンも頼みました。
ピータン自体も、濃厚で深みがありますがトッピングでガーリックと葱、ラー油が更に食欲をそそります!
お店によってはピータンはないところもありますので、あれば是非お試しください!






関連商品
関連記事