海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

香港 現地レポート

旧正月の大晦日2/4の過ごし方紹介

2019/02/04

さて、いよいよ旧正月が2/5から始まります。2/5は旧正月で言うと大晦日!香港ではどのように過ごすのか、街中の様子と合わせて紹介します。

旧正月に向けての準備

香港の旧正月では、一般的に親戚の家に集まり、食事に行ったり、新年のご挨拶をして過ごします。旧正月前も一度は家族で食事をすることが習慣のようです。食事はレストランに行ったり、家で準備したりと様々ですが、家に遊びに行く場合は必ず手土産を持参することが習慣で、クッキーなどのお菓子が一般的です。この時期は皆、来客に備えドリンクや軽食を買い込む香港人でスーパーは混雑しています。
香港ではエコの観点もありラッピングや包む文化があまりないのですが、このときの手土産は一般的に包装紙に包まれ、包装紙専用のブースがスーパーにも用意されます。お正月のお花や飾り物店も活気が出てきて、いよいよお正月だなぁという雰囲気が香港全体で感じることが出来ます!





旧正月前の出店に行ってみよう

香港では旧正月前の1週間から前日まで、香港内各所で出店ブースが設けられるエリアがあります。
一番大きいところは、Causeway BayのVictriaParkが有名です。
日本のお祭りの屋台とは違い、香港の学生達が出展しているお店も多くその年の干支にちなんだ手作りグッズやぬいぐるみ、香港伝統のおやつなどを売り学際のような雰囲気も味わえます。また、香港に欠かせない、旧正月のお花もたくさん売っており、とても鮮やかです。
特に旧正月前直前は大変混み合うので、賑やかな雰囲気を是非感じてくださいさいね。






関連商品
関連記事