海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

香港 現地レポート

アフタヌーンティ@リッツカールトン

2019/09/03

香港にある幾多のアフタヌーンティの中でも、一番標高の高い場所に位置するであろう、
リッツカールトン香港のカフェ。
今回はアフタヌーンティをご紹介いたします。

憧れの5つ星リッツカールトン

さて、リッツカールトンがどこにあるかというと、九龍駅(ショッピングモール・エレメンツ)に直結しています。
ホテルが入るビルは、地上484m、その102~118階に客室からレストランなどの施設が入り、
高さ世界一を誇るホテルです。
そして肝心のアフタヌーンティが楽しめるのは、ここの102階と103階のカフェです。

102階:『ザ ラウンジ&バー』 
・王道の内容 ・室内の装飾がとにかく豪華。店内にある特徴的なシャンデリアがより贅沢な空間を演出してくれる

103階:『CAFÉ 103』     
・チョコレートメインの内容 ・シックな内装で、広すぎない分ゆっくりとした静かな時間を楽しめる

上のようにそれぞれの特徴があります。
チョコレート系のアフタヌーンティというのは珍しいこともあり、
『CAFÉ 103』のほうが満席になっていることが多いです。

今回私が行ったのは、102階の『ザ ラウンジ&バー』ですが、
どちらも景色は抜群で、ビクトリアハーバーを眼下に香港の街を見渡すことができます。



まずは予約から

リッツカールトンのホテルホームページから予約が出来ます。(※2019年9月2日時点)
”DINING”から進み、Reserveボタンを押すと希望の日時が選択できます。
日本からでも気軽に予約が出来て便利です。

金~日、祝日は、席の予約時間が2部制に分かれています。
一部:2:15 p.m. – 4:15 p.m. (お茶の時間としては丁度よいタイミング)
二部:4:30 p.m. – 6:30 p.m.  (運がよければ日没に被り、サンセットタイムの景色を楽しめる)


予約後は確認メールが来るので、画面をスクリーンショットして、当日持っていくのがいいかと思います。



ドレスコードは??

私たちは少しだけ綺麗めな服装(それでもかなりカジュアル寄り)で行きましたが、
ドレスコードなどは特に指定されていないよう。
買い物中などに気軽に入れるというのは嬉しいポイントです。

ビジネスパーソンなんかも居て、本当にどんな人たちにも使いやすい(外れのない)場所なのだろうな、
という印象でした。







いよいよ注文

アフタヌーンティセットは、基本的に2人用です。
料金はというと、、

1人用 HKD418(+サービスチャージ10%)
2人用 HKD708(+サービスチャージ10%)

ちなみに私たちは3人で行ったのですが、その場合、
2人用と1人用をそれぞれオーダーしなければならず、かなり割高・・・。
細かいようですが、1人用だとHKD64余計にお支払いしなければいけません。
念のためカフェのスタッフさんに3人でオーダーした場合の計算方法を聞きましたが、
やはり上記のような回答でした。(1人分の品数・量はどちらの場合でも同じです。)

そして、アフタヌーンティということは決まっていたので次にお茶を選択します。
定番もののコーヒー、ティーがあります。
ティーは”WG”のもの。(実際はTWGですが、香港では商標の関係でTEA WGという名前しか使えないそうです。)



いよいよ・・・!

注文から10分ほど。(混雑によって提供時間は変わります)
運ばれてきました!!3段のボリュームたっぷりスイーツとフィンガーフードたち!!
それにスコーン(一人2種類)がついてきて、見ただけで幸せになります。

一通り写真を撮ったあと、ひとつひとつ味わいます。。
通常アフタヌーンティは下段に食事系、上段にスイーツ系となっているところが多いですが、
こちらは逆でした。

上段:サンドウィッチなどの食事系
中段:スイーツ
下段:ムース系の器入りスイーツ
別添え:スコーン

食べ方が混乱しましたが、無難に食事系から食べていきます。

メニューは季節によって異なるのであまり詳しく書きませんが、
塩気のあるフィンガーフード類は、サンドウィッチやキッシュ、小さいマフィンにサーモンを乗せたものなど
全部がしっかり作られている印象。

そして別添えのスコーンも温かいうちに。しっとりホロホロです。
王道のベリー系ジャムとクロテッドクリームがついているので、
①そのまま ②ジャムと ③クリームと ④ジャムもクリームも付けて の
4パターンが楽しめます♪

そして中段・下段のスイーツは全部で5種類!!
作りがしっかりとしているので、ボリュームたっぷりです。
チョコなどの濃い味系から、ベリー系まで、味のバリエーションがあるので
飽きずに楽しめました。



関連商品
関連記事