海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

FAQ香港マイバスデスクはこちら

香港 現地レポート

【ホテル宿泊パッケージ】今しかない楽しさ~退屈な日々にサヨナラ♪♪

2020/03/26

最近、コロナのせいで、海外旅行ができなくなり、仕事も在宅勤務が多く、休日も外に出かけらず、、
家にいる時間がだんだん増えてきました。

まるでオタク(引きこもり?)になった気がしますー
「それやっばくない?!」
皆さんも私と同じ状況でしょう。めっちゃ困りますよねー

退屈を和らげるために、昔の旅行写真を見始め、いろいろな思い出が浮かびました。
これを機に、彼氏と旅行する懐かしい気持ちが湧いてきました。
「また旅行をしたいなぁ〜彼氏と2人きりでラブラブしたいなぁ〜」と思っていたら

私としては...

ザ ランガム香港の方が気に入っていました。
なぜかというと、私はイギリス植民地時代の香港に生まれ、イギリス時期の建物やデザインにとても憧れているからです。
(心の中:本当は美食に惹かれています・・・)(*´∇`*)

ザ ランガム香港はコンチネンタルスタイルの高級ホテルです。
エレガントで魅力的な客室には絶妙な家具を飾られ、現代的な設備があり、心地良い空間が作られています。
植民地時代のイギリスの雰囲気が感じられますので、レトロなものが好きな方にオススメです。

さらに、こちらのミシュラン3つ星のレストラン「唐閣(タンコート)」がポイントです。
中華料理の調理方法は複雑で難しいのですが、反面、味付けは簡単で食材の旨味を引き出すことができます。
ミシュラン3つ星も取ったとはシェフの腕がとてもいいとのことですね!
(いいレストランあってのホテルはグルメが食べに行くべきだと思います。)







彼としては...

ザ マレーホテルの方が好きなようです。さすがに歴史好きですね( ̄^ ̄)どうしてそう思うか、これから説明します。

ザ マレーホテルは官庁ビルとして1969年に建てられ、内部は世界に注目されているデザイナーに設計されています。
2018年に改修し、当時独特の外観のまま、今のホテルになりました。
歴史のある建物と現代の設計の融合がちょうど良く、両側の特性を失うことなく、異なる宿泊が体験できます。

さらに、なんと歴史ツアーにも参加できるのです!
ツアーを通してホテルの豊かな歴史、建築デザイン、アート、スタイリッシュな設備の知識もゲットできます。
ツアーの最後には、マレーの前にある古木をお祝いするため特別に作られたカッシア茶/コーヒー/O.V.T.ビールが楽しめます。
独特の体験を求める方や歴史好きの方はぜひ参加してみてください。

その上、ルーフトップレストランでアフタヌーンティーを楽しみながら、香港しか観られない美景を観賞するのは最高のではないでしょうか。







どちらがお好き?

2つのホテルもそれぞれいい点がありますので、選択するのは難しく、今回は最終的に彼に任せました。
「ザ マレーホテルにするんだろうなぁ~」と思っていたら、まさかの「2つのホテルどちらも泊まってみよう!」と言われました。
嬉しい!!そして思った通り、すごくいい体験でした!
普段より長い滞在時間、食事やダイニングクレジットも付いていますので、心もお腹も大満足でした!(๑˃ᴗ˂๑)

香港在住の方は、この限定期間のうちに、お早目にお申し込みください!(4月末までにお申込み頂いた方限定のプロモーションのようです~)
大切な家族や恋人や友人と一緒に良い時間を過ごしましょう!