海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

インド 現地レポート

【2019年決定版】インド・リシケシュの楽しみ方を徹底解説〜ヨガ・アーユルベーダ・ガンジス川・カフェぜーんぶ満喫!〜

2019/11/30

インドといえば?ヨガ、アーユルベーダ、ガンジス川…
そんな「ザ・インド」がつまった場所が、そう、リシケシュです。
デリーの北東に位置し、山・川・自然にに囲まれた穏やかな雰囲気のエリア。デリーの喧騒から離れて、ここでは時間がゆーっくり流れています。

今回は!インド初心者の私が、同じマイバススタッフのインド博士とタッグを組んでマイバスインド探検隊を結成。
事前に調査を重ね(主にインド博士が)、現地で余すことなく満喫してきた、リシケシュのオススメ情報をご紹介します!

目次

インド博士のデスクにある地図

1.まずはリシケシュの基本情報
2.なんてったってガンジス川
3.アーユルベーダ診断をしてきました
4.はじめてでも安心♪飛び込みヨガ体験
6.ヒンドゥー教の祈りの儀式アルティ
5.絶景カフェめぐりが止まらない
7.さいごに



1.まずはリシケシュの基本情報

◆◆◆リシケシュってどんなとこ?◆◆◆

・ガンジス川の上流(なので水も比較的きれい、なはず!)
・ヒンドゥー教の聖地、巡礼地
・ヨガの発祥の地
・イギリスのあの伝説的4人組ロックバンドが、ヨガの修行と共に滞在してアルバムを作りあげたともいわれる地
・アーユルヴェーダの診断やスパもあります

興味をそそられるポイントがてんこもりではありませんか!
リシケシュは比較的治安も良い方(他に比べたら!です!!)でゆっくり過ごせると言われているので、インド初心者の私も安心して行けました。


◆◆◆行き方:バスで行きました◆◆◆

デリー中心部から北東約260km程に位置するリシケシュ。

一般的には、デリーからバス・電車・タクシーでの行き方があるそうで、今回我々はデリーから夜行バスで行ってきました。
片道約1500ルピーほど。バスにゆられて7時間、快適かと言われると…なんとも言えませんが、横になって寝られる席もあるので、興味がある方はバスにもチャレンジしてみてください。

リシケシュでバスを降りて中心地まではオートリキシャーで移動します。
いざ値段交渉!一緒にバスに乗っていたインド人の青年にも助けてもらって、相乗りして、宿近くまで移動しました。



2.なんてったってガンジス川

メインエリアに到着して一番感動したのや、はじめましてのガンジス川!
インドと言えばガンジス川!なんですが、インドの定番スポットのデリーやタージマハル周辺にはガンジス川は流れていないんです。(え?常識?)

ガンジス川が通る地域は、バラナシやハリドワールと並んでリシケシュが人気観光スポットとのこと。
しかもリシケシュはガンジス川の上流なので、水も比較的きれい。

マイバスインド探検隊も、意を決していざ沐浴!
沐浴をしているインド人にも応援されながら、ひとつ強くなれた気がします。

※我々は帰国後も健康体ですが、身体への影響は個人差があります。ご自身の責任でお願いします。



3.アーユルベーダ診断をしてきました

インドでアーユルヴェーダを体験したい…と思いリシケシュで調べたところ、ここにもありました。
どうやらアーユルヴェーダ診断もしてくれる?ということで、まずは診断!
身長体重だけでなく、食事・睡眠・精神?状態などなども記入し、きれいなお姉さんがドーシャ診断をしてくれます。



4.はじめてでも安心♪飛び込みヨガ体験

朝が苦手なマイバスインド探検隊が朝早起きして向かったのは、ヨガ教室。
ヨガ発祥の地リシケシュでヨガをせずには帰れません。

トロップイン、飛び込みで行ってきました。
動きやすい格好で参加したら、ヨガマットは教室にあるものをレンタルできます。

参加した教室は英語で指導してくれました。
言葉がわからなくても、先生や周りの人の動きを見ながらなんとなくついていけます。

翌日少々筋肉痛がやってきましたが、内容もやさしく、とても心地よい朝ヨガを体験できました。



5.絶景カフェめぐりが止まらない

ゆっくり過ごす旅なら、食事もゆっくり静かなひとときを楽しみたいですよね。
リシケシュにもおしゃれカフェがいっぱい。
時間に余裕がある人は、お気に入りのカフェを見つけて、一日ぼーっと過ごすのも良いかもしれません。

川沿いにもカフェが並んでいて、ガンジス川を眺めながら(ガンガービューと言います!)ティータイムができるのです。
さらにさすがヨガの街。
いろんなカフェで「ヨギ メニュー=ヨガをする人向けのオーガニックな食事」を見かけました。
ガンジス川と向き合いながらいただくチャイもより一層おいしく感じます。



6.ヒンドゥー教の祈りの儀式アルティ

リシケシュで欠かせないイベントは、ガンジス川沿いのガート(沐浴場)で夜に行われるアルティです。
アルティとは、ヒンドゥー教の幻想的な祈りの儀式。
開始時間になるとガートに人々が集まってきて、祈りの言葉を聞きます。
言葉はわからなくても、その場にいるだけで神聖な気持ちになれるのです。

儀式が終わった後は、私も神聖な火の煙を浴びて、願いを込めたお花をガンジス川に流してきました。



7.さいごに

この記事を書きながら一番気になったこと。
Rishikeshってリシケシュ?リシケシ?リシュケシュ?
どれが正しいのか記事を書き終えた今もわかっていませんが、私のバイブル「るるぶ」に合わせて、ここでは「リシケシュ」としました。
話す際は笑顔で「りしけしゅ♪」とそれっぽく言ったら伝わるはずです!

ここでご紹介した体験・感じたこと・体調の具合などはすべて個人の感想です。
インドであるに関わらず、どこにトラブルが潜んでいるかはわかりません。
自分の身は自分で守る、ということはお忘れなく。
逆に気にしすぎても楽しめなくなっちゃうので、程良い楽しみ方をご自身で見つけてみてください。

インド初心者のインド探検の旅は続く。

~バラナシ編 完~