海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

FAQバリ島/インドネシアマイバスデスクはこちら

バリ島/インドネシア 現地レポート

【バリ島】★バリハイ ビーチクラブ クルーズ★に参加してきました

2020/03/24

客船に乗ってレンボンガン島へ行き、アクティビティをしたり、ビーチクラブでゆっくり寛いだり、島内観光を楽しむツアーです。
アクティブに遊びたい人にはもって来いの盛沢山のツアーです!

まずは受付

受付で申し込み内容の確認、船内とレンボンガン島の説明をしてもらいます。
無料で利用できるもの、有料なもの、施設の案内等々。
受付では酔い止めを無料で提供していました。忘れた人も少し心配な人もできれば自信がある人も、念のため飲んでいくといいでしょう。
手首に参加者の申し込みプランがわかるよう、色違いのリストバンドがつけられます。
今回はバナナボート、サブマリン、シュノーケル、滑り台、島内観光バスの利用は何度でもOKのプラン。

更にアクティブに楽しみたい人は、オプションでパラセーリングRp355,000/スキューバダイビングRp640,000~が追加申し込み可能。
スキューバは出港前に申し込み、パラセーリングはレンボンガン島(ポンツーン)到着後の申し込みとなります。



船内のご紹介

クルーザー

船内は1階から入船。1階はメインデッキ、2階はブリッジデッキ、3階はトップデッキとなります。
それぞれ雰囲が異なるデッキ。座席指定はないので、その日の気分に合わせお好きなお席をチョイスしてください。

ポンツーン到着後はすぐにアクティビティーに参加できるため、水着は事前に着用をお勧めします。
トイレは1階と2階にあります。トイレの中でも水着に着替えられる広さは十分あります。水着を着てこなかった人はここで着替えをしておきましょう。

船内に入り席を決めたら、冷たいおしぼりと紅茶・コーヒー・オレンジジュースとペストリーが提供され優雅な出航となります。
出航後はブリッジデッキで生ライブが始まり、クルーズ気分はより一層高まります。
ブリッジデッキにはバーカウンターもあり、別途代金がかかりますがカクテルやビンタンビールを楽しむこともできます。



ポンツーンについて

ポントゥーンの滑り台

レンボンガン島到着までに、海上のど真ん中にバリハイポントゥーンという施設があります。
マリンアクティビティを楽しむ施設島です。

ポントゥーン到着後は、施設内にあるロッカーに荷物を預けてアクティビティーに参加です。
ロッカーはある程度荷物が入る大きさですが、必要最低限のお荷物で身軽に参加しましょう。
日焼け止めとタオルは忘れずに持参ください。

●アクティビティのスケジュール●
〇半潜水艦ツアー(11:45、13:00、14:15設定)
〇シュノーケルツアー(11:00、12:00、13:45設定)
〇サンゴ&シュノーケルツアー(11:00,12:00設定)
上手にスケジュール組をして色々なツアーに参加しまよう。 

パラセーリングにも参加を予定していましたが、フリーツアーの参加で充分に楽しめました。体力の限界を感じまして…
しっかり水分補給して、休憩を取りながら色んなツアーに参加しましょう。海遊びは体力消耗しますので体調管理には気を使いましょうね。





アクティビティ

飛び込み台

まずは半潜水艦ツアー(サブマリン)に参加です。まるで動く水族館のよう。透明度の高い海でサンゴ礁や魚を濡れることなく楽しめます。
エアコンはしっかり聞いており快適でした。マリンアクティビティに参加した後だと、どうしても濡れた水着のままで乗船することになります。濡れたままだと、少し肌寒く感じられるかもしれませんので、最初にサブマリンに参加することをおすすめします。

次に向かったのはシュノーケリング。道具はすべて貸し出し無料ですので、自分のサイズに合ったものを選んで使ってください。私は最初シューノーケルセット、ライフジャケット、ヒレ、フル装備で泳いでいましたが、魚と近づきたい一心でシュノーケルセットのみを着けて素潜りに挑戦してきました。素潜りをやっても特に怒られません。
シュノーケリングを始めて10分ほどでカクレクマノミをめっちゃ近くで見ることが出来ました。感動です!!素潜りに自信のある人はぜひチャレンジしてください!
シュノーケリングを出来る範囲は縄で仕切られていて、その縄の外には流れられないようになっています。監視員もいるのでお子様連れも多くいらっしゃいました。

次は謎のジャンプ台です。あまりやっている人はいませんでした。というかやってる人がほぼ一緒でした。リピートリピートです!!
下から見ると大した高さに見えませんが、いざ台に立つと結構高いです。3mくらいでしょうか?思い切り行くと良いです。飛び込み選手になったつもりで、海に飛び込みましょう。周りからは拍手喝采です!!

最後にバナナボートにチャレンジ。バナナボートは振り落とされて、最終的には全員落ちてびしょぬれのイメージがありますが、そんなことなく普通にスピード感がある楽しいバナナボートでした。海上ドライブに行きましょう、海に入れない人でも楽しめます。4人乗りのボートで写真を撮る係は一番前のシートに、スピード感を味わいたい人は後方のシートを陣取ってください。



レストラン

透明度の高い海

ランチは小型船でレンボンガン島へ行き、バーベキューメインのブッフェスタイルの食事を頂きます。14:00まで自由に食事がとれますので、島に到着してプールサイドでゆっくりした後、大体13時頃に食べ始めたと思います。混雑時間を避けれました。

木で作られた南国感あふれる開放的なデザイン。マリンアクティビティで腹ペコ状態ですから、バーベキューの匂いが食欲を更にそそります。
サラダ、ご飯、インドネシア料理、スイーツなど、種類豊富なメニューにワクワクしました。目の前でサテ、魚介やチキンステーキが焼かれていて、お皿にどんどん追加されていきます。
レストランにあるコーヒー、紅茶はセルフサービスなのでご自由にどうぞ。

たまたま誕生日のお客様が同席されて、サプライズでケーキや生ライブでハッピーバースデーソングを参加者全員で歌ってお祝いしました。色んな国の方との交流を楽しみ、忘れられない想い出です。



最後に

サンセットのクルーズ

とても楽しい一日でした。私が海が好き、というのもありますが、何より送迎付きランチ付き各所ドリンク付きで、ほぼ一日のアクティビティが含まれているこのツアーには大満足です。
バリ島で絶対いれて欲しいオプショナルツアーだと思いました!また私も是非行きたいです。

シュノーケルセット、フィン、マスク、ライフジャケットは貸出があり、ライフジャケットはサイズも豊富にそろっていました。
 シャワーは水シャワーですがボディソープの用意はありました。さっと海水を流して帰りましょう。

日焼け止め、サングラスとタオルはお持ちください。万が一、タオルを忘れても有料(2万ルピア)で貸し出しがあります。
忘れ物も多くあると聞きました。移動の際にはロッカー、テーブル等に忘れ物や置忘れがないか必ずチェックしてくださいね。

レンボンガン島でビーチアクティビティとビーチクラブで満喫のツアーに参加してみませんか?!





レンボンガン島の青い海