海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

マカオ 現地レポート

マカオ生まれ、双子のパンダ!

2018/04/11

日本でも人気のパンダは、もちろんマカオでも人気者!
マカオでは、2016年6月26日に双子のパンダが誕生しました。

健康に育つようにと名づけられた兄の「健健」と弟の「康康」。
石排灣郊野公園の中にある「マカオ・ジャイアントパンダ・パビリオン」で父親の「開開」、母親の「心心」と一緒に4頭で元気に暮らしています。

石排灣郊野公園の中にあるパビリオン

石排灣郊野公園まではタクシーでマカオ半島中心部から約30分、大型カジノホテルが並ぶコタイ地区から約10分の距離。
行きやすい距離にあるので、日本で見に行くよりも楽かもしれませんね。

園内にある「マカオ・ジャイアントパンダ・パビリオン」の入場料はなんと10パタカ(約140円)!!
世界一安い入場料でパンダが見れてしまうんです。
日本では行列を作って一瞬しか見れないことが多いですが、ここではほぼ混雑もなく1時間たっぷり見ることが出来ます!

合わせてレッサーパンダがいる希少動物館にも入場が可能です。





じゃれ合う、健健と康康

まだ小さい2頭はぬいぐるみの様で、とてもかわいいですね!
一方お父さん、お母さんは食事に夢中。子育てで特にお腹がすくのでしょうか?
パンダは1日の半分以上は食事をしているそうです。4頭ののんびりとした様子に癒されます。





かわいいパンダに会いに行こう!

石排灣郊野公園には、パンダの他にも数種類の猿やフラミンゴ、ダチョウもいて、こちらの動物園エリアは無料です。
また、園内には植物園や自然農業博物館といった見どころもあります。パンダを見た後にのんびりと散策するのも良さそうですね。

カジノから少し離れて、自然の多いコロアン島まで足を運んでみてはいかがでしょうか??

◆マカオ・ジャイアントパンダ・パビリオン(澳門大熊貓館)◆

開館時間:10:00~13:00/14:00~17:00 (1日6回、1時間ごとの総入れ替え制)
休館日 :毎週月曜日 (月曜が祭日の場合は開館、翌火曜日が休業)
料金  :10パタカ 
場所  :路環石排灣大馬路 石排灣郊野公園内 

※チケット売り場は、ギフトショップ内にあります。

関連商品
関連記事