海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

マカオ 現地レポート

香港ミシュラン1つ星飲茶をマカオで <添好運>

2018/05/07

世界一安いミシュランレストランとして有名な飲茶専門店「添好運(Tim Ho Wan/ティム・ホー・ワン)」。
こちらのお店は香港発祥ですが、かなりの人気で今やアメリカやオーストラリア、東京を含むアジア各国へ進出しています。
そしてこのマカオにも、ギャラクシーマカオのブロードウェイ・フードストリートに出店をしています。

◆添好運 點心專門店(Broadway Food Street, A-1006)
営業時間:毎日9:00am~11:00pm

広くて明るい店内

ブロードウェイ・フードストリートには、香港マカオでも人気のレストランが軒を連ね、中華料理をメインに、アジア料理、日本料理、バーまで幅広く揃っています。
香港の添好運はほとんどの店舗で座席数が少なめで狭い印象がありますが、マカオは店内が広く、座席にもゆとりがあります。日本人の私達には店内が綺麗というのも、嬉しいですね。

店内に入り、人数を伝えると席に案内してくれます。座席に着いたら、早速注文です!
店員が持ってきてくれる注文表に食べたい数だけ記入しましょう。人気メニューはテーブルに写真付で載っていますが、他にもメニューはあるので注文表も合わせてチェックしましょう。





人気メニューはどれ?

添好運の人気メニューは「海老蒸し餃子(晶瑩鮮蝦餃)」と「ベイクドチャーシューパオ(酥皮焗叉燒包)」。
海老蒸し餃子は飲茶なら外せないメニューですね。そしてベイクドチャーシューパオですが、一般的なチャーシューパオは小さな肉まんのようなフワフワな皮で包んだものですが、こちらは表面をオーブンで焼きメロンパンのようにカリカリにしたタイプです。中にはぎっしりと甘辛チャーシューが詰まっています。この二つは是非味わってみて下さい!

また地元の人に人気なのは、「腸粉」。お米の粉で作ったクレープで具材を巻いたものです。ツルツル、モチモチの触感が魅力です。中身は数種類あるので、お好きなものをチョイス下さい。また、具材の入ってない細い腸粉をXO醤で炒めた「XO醤炒腸粉」もお勧め。

他にも、「蒸し牛肉ボール(陳皮牛肉球)」や「ビーフショートリブ(芥末醤牛仔骨)」、「焼そば(豉油王炒麺)」も多くの地元の人が注文するメニュー。
少し勇気があれば「鶏足の黒豆ソース(豉汁蒸鳯爪)」はいかがですか?見た目は鶏の足そのままの形なのでビックリするかもしれませんが、実はとても美味しいんです!鶏足には肉はほとんどなく、コラーゲンたっぷりで柔らかい皮のような触感。1度食べたら病みつきになる人も多いので、食わず嫌いの方はぜひチャレンジをお勧めします。






あえてマカオで食べに行く理由

添好運ですが、「世界一安いミシュランレストラン」と言われるだけあり、どのメニューもお手ごろな値段設定となっているのが嬉しいところ。ついつい食べ過ぎてしまう、、なんてことになるかもしれませんね。
飲茶は、一般的な習慣では朝から昼過ぎまでに食べます。そのため夜には飲茶メニューが無いレストランが多い中、飲茶専門店の添好運は1日中注文可能なので時間を気にせず寄る事ができます。

香港では、その人気からオープンと同時に行列になるため、週末や時間帯によっては1~2時間待ちなんてこともあるんです。
それがマカオではほぼ待ち時間なしで入れる、かなりの穴場です! 香港で行きたかったけれど時間がなかった方、今回は香港に行く予定がない方、ぜひマカオの添好運へ行きましょう!

東京にも今年4月に進出したばかりなので、話のタネに1度足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連商品
関連記事