海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

FAQマレーシアマイバスデスクはこちら

マレーシア 現地レポート

【クアラルンプール】バクテー(肉骨茶:Bak kut teh)人気店徹底比較!!

2020/01/16

マレーシアの料理(中華系)の中でも有名なバクテー(肉骨茶)は、豚のスペアリブを漢方入りの薬膳スープで煮込んだ料理。
漢方?薬膳?と聞くと癖があるように感じますが、見た目ほど味は濃くありません。
このスープをご飯にかけて食べるとおいしいですよ!ぜひ、食べてみてほしいマレーシア料理のひとつです!
朝食として食べるのが現地では有名ですが、お昼でも夜でもOK!
今回はクアラルンプール市内中心地ブキッビンタンから行きやすい2店舗を紹介します!

新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)

ガイドブックによく載っている有名店と言えば、こちらの「新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)」
ブキッビンタンで有名なショッピングモールPavilionから徒歩5~10分程度とほど近くアクセスよし!
華やかなブキッビンタン通りから数分しか離れていないのに、ローカル感が漂う裏地にお店があります。
観光客からも人気なのですが地元の方も来店するので、平日・土日とも混雑している人気店です。

店内は外の席と中の席とあり、かなり大きなお店。
回転率も良いので、混んでいる時間でもさほど待つことなく入店できます。
まずは店員さんに何人かを伝えましょう!

おすすめは、オリジナルバクテー(Original Bak Kut Teh)※写真は2人前です。
部位を選ぶのは難しいのでお任せで頼めるが嬉しい!

醤油ベースのスープで見た目は黒色。
味が濃そうに見えますが、あっさりした味付けです。
お好みで醤油ソース(濃い黒色のとろとろのソース)、にんにく、チリを混ぜて食べます。
私は辛いのが苦手なので、醤油ソースのみをかけて食べていますが美味しいです!
バクテーは薬膳スープも魅力の一つなので白いご飯にかけて食べてください。

また今回は一緒に、Kangkong Belachan カンコン・ブラチャン(空心菜の炒め物(辛いです))も注文しました。
こちらもマレーシアではポピュラーな野菜料理です。辛いですが食べてみる価値ありの一品!

少なめにそれぞれ頼んでみんなでシェアして食べるのがおすすめです。
ご飯にバクテーのスープをかけて食べるのが美味しいので、ローカルの方たちはよくバクテースープをお代わりしていますよ!




醤油ベースのオリジナルバクテー

ドライバクテー

Kangkong Belachan カンコン・ブラチャン

ブキッビンタン駅から徒歩で行けます

【新峰肉骨茶(Sun Fong Bak Kut Teh)】
住所:7-6, Jalan Sungai Besi, Pudu, 57100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
※ブキッビンタン駅から徒歩約10分
営業時間:6:00~23:45 (営業時間は2020年1月時点になります。よく変わるので事前のチェックをおすすめいたします。)

こちらのお店は、一般的な食事メニュー以外にも期間限定のデザートなどがあるので、お腹に余裕がある場合はぜひトライしてみてください。ドリアンやマンゴーを使ったデザートメニューが多いです!




※2020年1月時点でのメニューです

※2020年1月時点でのメニューです

铭记肉骨茶(Min Ji Bak Kut Teh )

もう一軒ブキッビンタンエリアから少し離れた人気店、まだ観光客の方には知られていないおすすめの店舗をご紹介!
中心地ブキッビンタンからは歩いて30分くらいかかるので、タクシー利用がおすすめ!
遠くからくる方はLRTのPudu駅から徒歩約5分です!


こちらのバクテーは注文は部位を自分で決めます。
★Bak Kut Teh MIX
①Ribs   リブ
②Soft Ribs ソフトリブ
③Meat   肉
④Intestine 腸
⑤Stomach 胃
⑥All of the above  全部
私たちは①~③で注文しました。

私たちが気に入った理由はなにより“食べやすい!!”からです!
ほとんどのバクテーは骨付きで食べられるところが限られていることが多く、美味しいけど食べやすいお肉が少ない!とわがままを言いたくなることがあります。
ここのバクテーはパッととってすぐに食べられるので、食べやすさが魅力的でした!
また、値段もリーズナブル!少しアクセスが悪いですが行ってみる価値あり!の店舗です。

もうひとつのおすすめメニューは豚足の煮物!
最初はどんなメニューかわからなかったのですがおすすめされて頼んでみました!
豚足をトロトロになるまで煮込んでおり、こちらもかなり絶品でした!
柔らかいお肉だったのでびっくり★
一緒に頼んだゴーヤとザーサイは苦いアクセントの効いた料理で、お肉と相性抜群でした!

定員さんたちが優しいのでおすすめメニューを聞いてみるのもいいですね★




店内はローカル感が漂います。

※2020年1月時点でのメニューです

にんにく・チリ・醤油ソースは大体どこもあります!

中心地から外れるのでタクシー利用がおすすめ

【铭记肉骨茶(Min Ji Bak Kut Teh )】
住所:7-6, Jalan Sungai Besi, Pudu, 57100 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
LRT Pudu駅から徒歩5分
営業時間:9:30~21:00 (営業時間は2020年1月時点になります。急な休業もあるため事前のチェックをおすすめいたします。)


いかがでしたでしょうか!

マレーシアのバクテーの発祥は港町クラン(Klang)というクアラルンプール郊外の街と言われています。
バクテーは元々肉体労働が大変だったクランの人たちが手頃でスタミナをつけられる朝食作ろうと作られたものです。
骨付き肉を使用し、ニンニクで似てごはんにスープをかけて食べていました。

マニアの方はクランまで食べに行く方もいますが、
クアラルンプール市内のブキッビンタンから近い場所でも美味しいバクテーを食べることが出来ますよ!
お店によってスープが全く違います!中の具材も違っており、シンプルなものから具沢山のものまで様々あります!
ここで紹介したドライバクテーはクアラルンプールではあまり見かけないので、地域性が出るものだと思います!

滞在中にじっくり煮込んだバクテーぜひ食べてみてください!!




バクテーとても食べやすい!

豚足トロトロでおいしいです!

ゴーヤとザーサイ