海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

FAQミャンマーマイバスデスクはこちら

ミャンマー 現地レポート

【現地在住の旅行会社社員が語る】フリータイム何すんの?【ヤンゴン・ミャンマー編①】

2020/02/13

歴史・文化施設についてはガイド付きのツアーが理解度も高まり1番。
でも、自分のペースで街歩きするのも旅の楽しみ。
ヤンゴンでのフリータイムの過ごし方、おすすめをご紹介!!

私たちの家

ミンガラバー!!
2020年2月12日現在、コロナウイルス発症者がゼロのヤンゴンから情報デリバリー。
世界遺産に登録されたバガン、アジアNo1ビーチに選ばれたことのあるガパリビーチ、黄金の岩が崖の上で落ちそうで落ちない巡礼地ゴールデンロック、雄大な自然に癒されるインレー湖、古都マンダレーと、広い国土に見どころが点在するミャンマー。
そのミャンマーのゲート都市ヤンゴン。

ヤンゴン1の観光地シュエダゴンパゴダや大きな寝釈迦仏で有名なチャウタッジー寺院は、
その歴史、文化理解のためにもガイドを伴うツアー参加をおすすめ。
でも治安の良いヤンゴン、自分の足で歩きまわってみたーいという方に今回おすすめなのが、「Doh Eain Renewing Yangon」。
Doh Eainは「私たちの家」の意味。住居が密集する地域での路地庭園プロジェクト。
路地裏が、リサイクルされ、壁画や遊び場が開発されているのですが、これが非常にユニーク。



便利なアクセス

「Doh Eain Renewing Yangon」はヤンゴンのダウンタウン広域で展開されてますが、今回は訪問しやすい29th Streetの路地を紹介。

スーレシャングリラホテルとパンパシフィックホテルを結ぶ通り「Bo Gyoke Road」は、大型ショッピングセンターのJUNKTION CITY、観光客にも大人気のボージョーアウンサンマーケットがあるだけでなく、ヤンゴン市内では数少ない日本円からミャンマーチャットに両替可能なWHITEBAY Money Changerも近くにあるので、ヤンゴンを訪れる旅行者ならかなりの確率で訪れる通りです。

このBo Gyoke Roadから29th Streetに入ってみましょう。



写真好き女子集まれ!

うっ!と驚くなかれ。

これがヤンゴンのダウンタウン。ミャンマーはアジアの中で治安が良いと言われる国。
安心しつつも、前から来る車と足元に気を付けてまっすぐ進みましょう。



さらに歩くと!?

29th Streetに入って徒歩30秒ほど、右手に門が見えてきた!



門の先には…

ここを入ると…….
なんてことでしょう!!

不思議な壁画の正解が広がっております。
壁画を撮影するも良し。被写体に入り込み、思い思いの写真を撮るも良し。
人も少ないので、恥ずかしいと思わず他のアジアからの旅行者を見習って、もっと大胆に。
飽きない空間です。
壁画だけでなく、住民の遊び場としての開発が目的のひとつなので・・・・
あ、ブランコ!!
とブランコに乗り写真を撮りたくなってしまう瞬間がすぐに訪れることでしょう。







注意!

この29th Streetの他、30th Street、35th Street、
ひとつ南のブロックでは、27th Street、28th Street、31st Street、32nd Street、39th Street、
さらにもうひとつ南のブロックは、41st Street、42nd Streetの路地にも同じように展開されてます。

詳しくはこちら
https://www.doheain.com/
が、路地に入る門に鍵がかかっていては入れないって事もありますので、ご注意。
そこはご了承ください。
買い物ついでに立ち寄れる29th Streetをまずは訪れてみましょう!




30th Street

28th Street

最後に

ヤンゴン行きのフライトはまだまだ出張者が多いビジネス路線。
ゴールデンウィーク(GW)やお盆・夏休み、連休など観光需要が高い時期でも空席がある路線です。
この記事を読んで、ミャンマー行ってみたいと少しでも思ったら、フライトをチェックしてみてください。
ヤンゴンでお待ちしておりまーす。