海外現地・海外のオプショナルツアー予約ならマイバスJTB

FAQ台湾マイバスデスクはこちら

台湾 現地レポート

春節雰囲気たっぷり~迪化街年貨大街で盛り上がりましょう~

2020/01/20

古い建物、問屋街やカフェ、お茶屋など、
個性的な台湾ショップがたくさんある迪化街はいつも観光客に大人気なスポットです。
毎年旧正月連休前、いつもと違った一年中に最も賑わう「年貨大街」という春節マーケットが迪化街で開催されます。
その時期にお正月の準備で買い出しに迪化街へ出かける現地の人々が大勢います。
今年も見逃がさず、JTB台湾のスタッフが現場に行って参りました。
では、紹介させていただきます。



「年貨大街」とは?

お正月食材の準備で買い出しに来た現地の人々が大勢!

迪化街は以前漢方薬、お茶、お米、布などの商売が盛んで、台北市内で早くから発展した地域のひとつです。
今は台北市内の最古の商店街として知られています。
近代新産業の発展に伴って迪化街の商売は不景気で下火になりましたが、
1996年から政府が民間組織と連携し、「年貨大街」という春節食材、お土産などのセールスイベントが生み出され、迪化街は新たに生まれ変わりました。
毎年買い出しに来る人々が大勢いて、2020年に至ってもう24年が経って「年貨大街」の地域も拡大されました。
春節前に開催されますが、あちこちが赤と金色のもので飾り付けられ、一気に春節モードになり、存分に台湾の春節気分を味わえたい方は、ぜひ「年貨大街の迪化街」へ♪



2020年もカラフルな「年貨大街」♪

2020年(今年)の開催期間は1月10日(金)~1月23日(水)となります。
期間限定で商品も多く販売されていて、
あちらこちらの売り子の勢いある声で街中が活気付きます。
迪化街に入るとすぐ目に付くのはお菓子屋さんです。
カラフルで種類たくさん!量り売りのためお好きなだけ購入できます。
また、ドライフルーツ、ピーナッツ、ソーセージ、カラスミ、保存食、
台湾春節でよく食べるものはどれも大量に売られています。
最大の魅力、「試食」チャンスもたくさんあります!(笑)
どこのお店の店員さんも明るくてフレンドリーで気軽に台湾の味に触れ合えます。




高級食材といわれるカラスミがいっぱい

ソーセージもいっぱい

お菓子が色とりどり♪

食材以外、春節の飾り付けものも?

台湾春節の色というと、まずは「赤」ですね!
春節期間、一般の家庭やお店のドア、玄関などに赤い紙の「春聯」を貼ります。
「春聯」にお祝いの言葉が記載され、ドアに貼ると「福」を招くという意味があります。
その飾り付けものは「年貨大街」でも買えます!





かわいいキャラクターのもあります♪

迪化街「年貨大街」のアクセス方法

年貨大街は毎年混雑していますので交通規制が行われます。
台北地下鉄MRTのご利用をおすすめします。
・MRT松山ー新店線:北門駅から徒歩10分
・MRT迴龍/蘆洲ー南勢角線:大橋頭駅から徒歩15分

・2020年年貨大街営業時間
2020年1月10日(金)~1月23日(水)24時間

台湾春節気分を楽しみたい方、ぜひ年貨大街の迪化街へようこそ!♪




現場にある年貨大街のグルメマップ(笑)